Event is FINISHED

小浜徹也×今岡清「編集は何をしているのですか」

Description
1月19日(土)14時から渋谷HDEラウンジで開催! 小浜徹也氏(東京創元社編集者・SF担当)と今岡清氏(S-Fマガジン元編集長・栗本薫の遺作『グイン・サーガ』の続編プロジェクト監修者)によるトークイベント。2017年の「第1回 それでも小説を出したい会議」の第2弾として、小説の編集をテーマに、編集の過去・現在・未来についてお話いただきます。

日本独立作家同盟主催の「NovelJam」の会場で作家・藤谷治が投げかけた素朴な疑問「編集は何をしているのですか」。それは小説の制作において、あまりに根源的な問いかけだった。藤谷先生の言葉をお借りして、今一度、編集とはなんなのかを見つめ直す機会を設けました。

編集不要論や、出版エージェント必要論など編集にまつわる談義は多くあります。小説に編集は必要なのか、それとも不要なのか。日本SF史の生き字引たるお二人に、これまでの編集、今の編集、そしてこれから未来にあるべき編集の姿をとことん語り尽くしていただきます。

これから出版界に飛び込んでいきたいという人から、中堅・ベテランの現役編集者、また、編集者との付き合い方を見極めたい作家、作家志望の方々まで、小説に関わりたいすべての方にご参加いただければと思います。

【日時】
2019年1月19日(土)14時〜17時ごろ
※トーク終了後は軽めの交流会となります

【構成】
第1部 私達の見てきた編集(予定)
第2部 NovelJamにおける編集とは(予定)
第3部 出版エージェントとしての編集者(予定)

【登壇者】
S-Fマガジン元編集長 今岡清
東京創元社編集者 小浜徹也
司会 NovelJam2018秋チームG担当編集・波野發作(兼業作家)

【場所】
グラスシティ渋谷 10F HDE, Inc.
東京都渋谷区南平台町16番28号

【参加費】
一般参加者 2000円(税込)
日本独立作家同盟の正会員・法人会員 無料

【登壇者】

小浜徹也(こはま・てつや)

1962年、徳島県生まれ。京都大学SF研究会OB。1986年に東京創元社へ入社し、編集者として一貫してSFを担当。ウンベルト・エーコと島崎博の来日イベントの司会をつとめたことが生涯の自慢。2000年に柴野拓美賞を受賞。


今岡清(いまおか・きよし)
1948年横浜市生まれ。『S-Fマガジン』(早川書房)の元編集長。編集者として星新一、小松左京、筒井康隆らの作家の作品を手掛け、また神林長平、大原まり子らの新人を育てる。作家の栗本薫は妻。栗本薫の遺作『グイン・サーガ』の続編プロジェクト監修者。天狼プロダクション代表取締役。ジャズシンガー。最新作『始まりは頻尿』発売中。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#395996 2018-12-17 04:01:21
Sat Jan 19, 2019
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥2,000
日本独立作家同盟 正会員・法人会員 FULL
Venue Address
渋谷区 南平台町16-28 Japan
Organizer
NPO法人HON.jp
772 Followers